インテリア照明情報サイト-インテリア照明友の会-

インテリア照明器具の選び方

設置する部屋と室内環境

玄関

家の顔と言える場所ですから、光については、特に慎重に選びたい場所です。外の暗さから、室内の明るさに慣れるように少しずつ明るくなるように配慮する事も必要です。

玄関の扉付近には、しっかりとあかりを当て、明るさや、暖かみのある演出をしておきます。入り口に白色蛍光灯を使うことはお奨め出来ません。玄関から室内に入った時、どんな光で迎えるのかは、その家の第一印象にもなりますので、いろいろな光を検討するべきだと思います。

天井のシーリングやダウンライト等の直接光と壁に当てた光の反射光や、キラキラと輝くセードやシャンデリア光源のあかり、オブジェに当てたシャープな光の反射や影、足下から優しく照らす間接光等、いろいろな光を組み合わせて、家の顔を演出してみて下さい。

リビング

リビングはいくつもの生活パターンをひとつの部屋で行うため、照明も生活パターンに合わせられるような光を複数用意しておきます。生活様式や家族構成によって一番合った明かりを選ぶことが大切です。

部屋全体を明るくしたい時は天井に十分な照度をとれる蛍光灯を使用したシーリングやペンダントを取り付けます。しかし、作業的な明かりになってしまいます。

食後にテレビを見ながらの団らんの時は、天井からの光を落として、壁面のあかりをメインにします。壁の明かりは、天井よりダウンライトで照らすか、 ブラケットやフロアライトで照します。

夜お酒を飲んだり音楽を聞く時は、天井のシーリングは消して壁のあかりとブラケットやフロアライトの明かり等の、間接光でリラックスできる空間にします。低位置のフロアライトは暗くした室内にとても良いアクセントになります。

フロアライトにマッチするソファの選び方を理解しておけば、リラックス空間を作ることは結構容易いんですよ。このときは部屋に眩さを感じる光源は1つもありません。光と影を楽しむ事の出来る空間を手に入れましょう。

ダイニング

食卓の光を選ばなくてはいけません、白熱電球やダイクロハロゲン等の光源を選び、食事の時の目線で器具の見え方を検討します。

全体に光を広げるか、テーブル面だけの光にして壁の間接光で優しい光で包むか、方法はいろいろありますが、ペンダントを使う場合は、目線のすぐ上に光源が来ますから、眩しさを感じないようなセードや、取り付け高さを検討します。

ペンダントのセードは多くの種類がありますので、食事以外の時の見え方も考えてインテリアとしての選択も可能です。

ガラスセードのペンダントを2〜3個吊るすとガラスセードがとても綺麗に光り、室内のアクセントとしても使うことが出来ます。

キッチン

キッチンの明かりは、十分な作業面の照度をとることがポイントとなります。天井に蛍光灯をつけて明るくするだけでは不十分な場合がほとんどです。キッチンに立ったとき作業面が自分の影で暗くならないように、作業面の前面や側面から光を当てるようにする必要があります。

光が下方向だけの器具を正面の壁に付けるか、上棚の下に蛍光灯を取り付けて、目隠しのボーダーを器具の前に付ける事によって眩しくなく下方向の光りを得ることが出来ます。

蛍光灯などを取り付ける場所が無いときは、スポットやダウンライトで手元の明かりを確保します。光源は蛍光灯を使いますが、食材が奇麗に見えるダイクロハロゲンなどの光源もお奨めです。

寝室

寝室に設置している快眠ベッドとインテリア照明の相性について考えたことありますか?

寝室の光りは柔らかな明かりで、眠りにつくための環境を整える必要があります。
寝た姿勢で直接光りが目に入らないような位置に光源を設定しておきます。明かりは、セード越し等の輝度を抑えた光が望ましいと思います。部屋の全体照度は暗めに設定して、スタンドや間接照明などで、明かりのアクセントがあると良いと思います。

全体の照度は天井のダウンライトやアッパーライト等の天井や壁からの間接光が良いと思います。天井にシーリングを取り付けるときは、シーリングを消した状態である程度のポイント照度をとれるような光源を別に用意した方が良いでしょう。足下の床や壁が明るいと良いかと思います。

眠りにつくための明かりの環境は、私たち現代社会に生きる上でとても重要な事だと考えますので、寝室の明かりは特に検討を重ね良い明かりで休息を得られるようにして下さい。おすすめの快眠ベッドとインテリア照明の組み合わせは本当に大事なんですよ。

エクステリア

建物の外部の明かりは、防犯灯や歩行のための安全灯の意味合いと、家の顔であるエントランス周りの外からの見え方が重要になります。外部との入り口の境界には、入り口であるという意味合いの門柱灯がありますが周囲の明るさや状況に合わせて器具を選びます。器具を見せるか建物を見せるかにより、器具の選定や明るさの判断が異なります。また玄関までのアプローチも重要なポイントとなります。

玄関まで安全でスムーズに導く明かりを考えます。門から玄関を見たときに見える鉛直面の照度を採るようにします。眩しい光はダメです。足下や、目線より低い位置もポイントで当てると良いですね。もう一つエクステリアの光として大変重要な光が窓から漏れる室内の光です。

もちろん電球色のオレンジ色の光を発する事で、壁に反射した光やカーテンに当たった光などが窓から外に漏れる事で十分なエクステリア照明になります。また、建物全体が幻想的な表情を見せる時でもあります。カーテンやブラインドに光を当てると、とてもきれいな光を外に魅せる事が出来ますので、是非みなさん意識してみてるといいでしょ。

天井が高い部屋

器具の選定の範囲が広くボリュームのあるシャンデリアや、きらめき感のある器具を選んでも天井が高い分、圧迫感や眩しさがが無く目線からも外れた位置に器具が入り、デザインを優先した器具が選べるとかと思います。

その部屋の目線を意識して器具を選ぶ事はとても大切な事です。天井が高いという事は広い壁面があると思いますので、壁を明るくする事で部屋全体を優しい光で包むことが出来ます

天井が普通の部屋

多くの場合天井の高さは2m40cm前後ですので、天井に器具を付ける時はボリュームのある器具はお奨めする事が出来ません。目線に入ってくる器具を選ぶ時は眩しさや器具の光の見え方を確認する事が重要です。

取り付け位置が低い場合は目と器具の距離が近いので特に注意します。
光源が直接目に入らないようなセードの器具を選ぶなどの工夫が必要となります。

木素材の部屋

フローリングとか板張りの壁の場合、光の反射率が低く特に濃い茶色などの場合は室内の見え方が暗く見なります。暗いからと言って、蛍光灯などの光で無理に明るさを取る事をせず、大きなセードのスタンドなどを設置して明るい面を作ってあげると良いのではないかと思います。

落ち着いたゆったりとした光で、明かりを楽しむ部屋にすると良いでしょう。光を当てると綺麗に光るものに光を当てる事で、光のメリハリを作る事が出来ます。カーテンや絵や植木などの部屋のポイントに光を当てる事も重要になってきます。また、光沢のあるフローリングに当たって床が光ってしまう事もありますので、光の向きや量は確認が必要です。

絨毯の部屋

床に絨毯を敷いてある部屋は床面の反射率が低いため、床を明るくしても部屋全体の明るさ感が出ません。そのため壁や天井を明るくする事によって部屋の明かりを採ると良いと思います。

絨毯や布地のクロスを使った場合は光が反射しない分、光が当たった時の見え方はとてもきれいに見えますので、素材の凹凸を活かして良い影を演出するようにしてみましょう。

pickup

最終更新日:2019/1/11